旧暦ライフスタイルと雨読の本。
ときどき、好きな服とか、雑貨とか。
365日の暦日記は、日の出時刻に毎日更新。
カレンダー代わりにどうぞ

湯島の天神様で「青梅」眺め、天神下でも「青梅」眺め...。/5/23=旧4/28・庚戌

湯島の天神様で「青梅」眺め、天神下でも「青梅」眺め…。/5/23=旧4/28・庚戌

これは、天神様の青梅のせい…。 湯島の天神様の梅の木を見上げ、あっちの「青梅」! こっちにも「青梅」! …と、目を閉じれば瞼の裏に、青梅の残像。 その勢いで買ってきました。 梅の実を煮て練って作っ […]
七十二候は「蚕起食桑」に。「蚕」は無理でも、「桑の葉」繁る樹ならあるかな?青実もなるころ。/5/22=旧4/27・己酉

七十二候は「蚕起食桑」に。「蚕」は無理でも、「桑の葉」繁る樹ならあるかな?青実もなるころ。/5/22=旧4/27・己酉

七十二候は、「蚕起食桑」の時期(5月21日~25日)ですが…。 ・「蚕」=かいこ ・「起」=おきて⇒孵化して ・「食桑」=くわをはむ⇒桑の葉を食べる …と、順番に読めば、意味を知るのも簡単。 古い […]
今日は、二十四節気「小満」。木々にも、小さな実のりの季節です。例えば青梅。/5/21=旧4/26・戊申

今日は、二十四節気「小満」。木々にも、小さな実のりの季節です。例えば青梅。/5/21=旧4/26・戊申

今日は、二十四節気の「小満」です。 「立夏」からもう半月かぁ、早いなぁ。 なんか、ショートカットしてないか? とも思うけど。 確かに、順当に月日は満ちて、これも、小さく満ちています。 青い実りは、まだ実りはじめ。 青梅も […]
蓮の芽吹きが初々しすぎ、美しき上野の不忍池。いや、マジでっ!!/5/20=旧4/25・丁未

蓮の芽吹きが初々しすぎ、美しき上野の不忍池。いや、マジでっ!!/5/20=旧4/25・丁未

ああ、すっかり忘れてましたっ! 今の時期の不忍池の美しさ!! 上野に所用。 時間が余ったのでそのまま駅方面から今日は不忍池へ。 不忍通りをぐるり道なりに行き、ボート池の近くから敷地へと入り…。 おおっ! いき […]
七十二候「竹笋生」に筍がなし(T△T)。代わりにそうだっ!蕗を食べよう!/5/19=旧4/24・丙午・下弦

七十二候「竹笋生」に筍がなし(T△T)。代わりにそうだっ!蕗を食べよう!/5/19=旧4/24・丙午・下弦

孟宗竹の筍の旬逃し、真竹の旬はあと少し。 ならば蕗を! …とふと思い立ち八百屋さんへ。 筍の旬のはざまをつなぐかのように、蕗が安くなっていました! そうそう、孟宗竹系筍を逃したショックで、忘れるとこでした! […]
紫の花咲き始めると...梅雨近し。そして夏近し...。/5/18=旧4/23・乙巳

紫の花咲き始めると…梅雨近し。そして夏近し…。/5/18=旧4/23・乙巳

パッと目覚めたように咲く鉄線 なんか、それがこちらを見上げているようでちょっと愛おしくも感じるけど…。 これを見かけると、ああいよいよ来たかっ! と見まがえる感じ。 いや、花は美しいと思うんですがね。 ああっ […]
七十二候は「竹笋生(たけのこしょうず)」に。この筍は、孟宗竹系ではなく「真竹」系。しばし母の庭の筍を待つ。/5/17=旧4/22・甲辰

七十二候は「竹笋生(たけのこしょうず)」に。この筍は、孟宗竹系ではなく「真竹」系。しばし母の庭の筍を待つ。/5/17=旧4/22・甲辰

七十二候は、「竹笋生」に入りました(5月16~20日)。 このコトバは、「竹笋」=「たけのこ」と、解れば簡単。 それが、「生」=「しょうず」。 「たけのこしょうず」と読んで、やってきましたっ!「筍が生えてくる季節」です。 […]
328年前の今日、松尾芭蕉は奥州へ向った。それを由来に今日は「旅の日」です。/5/16=旧4/21・癸卯

328年前の今日、松尾芭蕉は奥州へ向った。それを由来に今日は「旅の日」です。/5/16=旧4/21・癸卯

今日は、「旅の日」です。 元禄2年3月27日。 この日、松尾芭蕉は、奥州に向かって江戸を旅立ちました。 それを、新暦に直すと1689年5月16日。 …ってのが、5月16日が「旅の日」になった由来。 多くの記念 […]
やっとでました露地苺!今年も、赤⇒ピンクの順でいただく。なんのこっちゃ?/5/15=旧4/20・壬寅

やっとでました露地苺!今年も、赤⇒ピンクの順でいただく。なんのこっちゃ?/5/15=旧4/20・壬寅

この時期は街の路地を抜け、 個人商店の八百屋さんへ。 やーっと出ましたっ!露地苺! 以前は、近所にいい感じの八百屋さんがあって、この時期店頭の一番目立つところにこの苺。 そのお店がなくなり。 なので、わざわざ遠出して露地 […]
薔薇よ!はっと気づけば、いきなり咲き乱れてる?雑草ばかり気にして盛りを逃すとこでしたっ!/5/14=旧4/19・辛丑

薔薇よ!はっと気づけば、いきなり咲き乱れてる?雑草ばかり気にして盛りを逃すとこでしたっ!/5/14=旧4/19・辛丑

我が家の野茨の鉢は、まだ花をつけませんが、やけに元気。 これは、昨年、福島の母の家の裏庭から少しいただいてきた野茨。 うまく根付くかな? と、やや心配だったんですが、その丈夫さは雑草のごとく。 多少水やりを忘れるぐらいで […]
今日は、神田明神の神田祭・神幸祭。神田⇒日本橋⇒大手町⇒秋葉原と山車が巡る/5/13=旧暦4/18・庚子

今日は、神田明神の神田祭・神幸祭。神田⇒日本橋⇒大手町⇒秋葉原と山車が巡る/5/13=旧暦4/18・庚子

東・東京夏祭りの第二弾。 今日は、天下祭りの神田祭、クライマックス! スタートを切る下谷神社の例大祭は逃しましたが、これは万難を排して臨みたい。 江戸東京の天下祭とも呼ばれる「神田祭」は、赤坂の日枝神社の「山王祭」と隔年 […]
雑草天国の東京でも、これはやや贅沢?福島帰省の雑草遊びの記録を!/5/12=旧4/17・己亥

雑草天国の東京でも、これはやや贅沢?福島帰省の雑草遊びの記録を!/5/12=旧4/17・己亥

東京の街にも雑草がいきいきと。 ああ、また雑草で遊びたいなぁ~。 と思いつつも、なかなか難しい街暮らし。 帰省先の福島は、いってみれば田舎町なんで…。 雑草も生え放題。 観察も、写真撮りも、し放題。 もちろん […]
ゴールデンウィークの間に草燃ゆる? 行く道、立ち寄る公園...、東京でも、なんか、雑草が生き生きしてます。/5/11=旧4/16・戊戌・満月!

ゴールデンウィークの間に草燃ゆる? 行く道、立ち寄る公園…、東京でも、なんか、雑草が生き生きしてます。/5/11=旧4/16・戊戌・満月!

初夏の休みが終わった東京は…。 何かが違う。 密かにこっそり変わっている感じ。 そうなんだよねぇ。 なんだか、雑草たちが妙に背高。 公園の草地も、なんだか浸食されている(* ´艸`)。 東北帰省は、ほんの数日 […]
七十二候は「蚯蚓出(みみずいずる)」に。にょろなアイツが地中から?田畑耕す季節だものねぇ。/5/10=旧4/15・丁酉

七十二候は「蚯蚓出(みみずいずる)」に。にょろなアイツが地中から?田畑耕す季節だものねぇ。/5/10=旧4/15・丁酉

七十二候は、今日から「蚯蚓出」に入りました(5月10日~15日)。 このコトバ、まずは「蚯蚓」って何? と思う。 虫偏が並んで、なにやらよからぬものが「出」てきそうな…。 確かにねぇ。 出てくるのは、あの地中 […]
初夏の長い休みが終わるや否や、東・東京では、夏祭り突入。さらに非日常のハレの日続きです。/5/9=旧4/14・丙申

初夏の長い休みが終わるや否や、東・東京では、夏祭り突入。さらに非日常のハレの日続きです。/5/9=旧4/14・丙申

ゴールデンウィークが終わるなり 東京下町は、ハレの日に突入! 東北帰省前の上野周辺では、祭りを告げる幟がちらちら視界に入り、気になってはいたんですが…。 またも下町夏まつりの一番手、下谷神社の例大祭を逃しまし […]
ぐるり山に囲まれた福島の街は、今年少しのんびり。初夏になってやっと「山眠る」から覚め「山笑う」。/5/8=旧4/13・乙未

ぐるり山に囲まれた福島の街は、今年少しのんびり。初夏になってやっと「山眠る」から覚め「山笑う」。/5/8=旧4/13・乙未

故郷やどちらをみても山笑ふ と子規が詠んだ光景はここにも。 子規の故郷は、四国松山ですが、私の故郷も同じような光景。 帰省して、鄙びた駅のホームから、見上げれば…目覚めつつある吾妻小富士。 今年は、5月に入っ […]
初夏の休みの七十二候は「牡丹」と「蛙」。福島ではそこに「林檎の花」を足してみたい。今が満開!/5/7=旧4/12・甲午

初夏の休みの七十二候は「牡丹」と「蛙」。福島ではそこに「林檎の花」を足してみたい。今が満開!/5/7=旧4/12・甲午

ゴールデンウィークは、「牡丹」と「蛙」の日々ですが…。 …って、つまり七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」で始まって「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」で終わる。 あらら、なんか春爛漫ぽい「牡丹」に、 […]
七十二候は「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」に。確かに、初夏の長い休みのはざまで鳴いてましたin福島。/5/6=旧4/11・癸巳

七十二候は「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」に。確かに、初夏の長い休みのはざまで鳴いてましたin福島。/5/6=旧4/11・癸巳

七十二候は「蛙始鳴」に入いりました (5月5日~9日)。 「蛙」は、簡単「かえる」のことですが、ここでは「かわず」と読ませます。 そして、これも七十二候に頻出する「始」シリーズ。 なにがはじまるのかな? 「始鳴」ですから […]
今日は「立夏」。いよいよ夏の始まりの今日は、「端午の節句」でもあります。/5/5=旧4/10・壬辰

今日は「立夏」。いよいよ夏の始まりの今日は、「端午の節句」でもあります。/5/5=旧4/10・壬辰

今日は、二十四節気の立夏です。 「立夏」って、ええっ!もう夏じゃんっ! 感覚的には、こないだ桜が咲いて散ったばかり…な気がするんですが。 こうして、大型連休のどさくさに紛れて、ちゃっかり夏の気配がやってくるっ […]
「みどりの日」ですが、季節の白い花を集めてみました。/5/4=旧4/9・辛卯

「みどりの日」ですが、季節の白い花を集めてみました。/5/4=旧4/9・辛卯

私の中に、季節の花の勝手な色のイメージがあって…。 初春は、赤…というより「紅」で、これは、「紅梅」、「山茶花」、「やぶ椿」による影響。 そして本格的な春を迎え、頭の中の季節のイメージは「桃色」に […]
今日は「憲法記念日」。だから、「日本国憲法」と関連の本を一冊読む、毎年そんな一日に。/5/3=旧4/8・庚寅

今日は「憲法記念日」。だから、「日本国憲法」と関連の本を一冊読む、毎年そんな一日に。/5/3=旧4/8・庚寅

今日は憲法記念日です。 国民の祝日を定めた法律「祝日法」によれば…。 この記念日は、「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」日と定義されていますが、相変わらずピンとこない。 なので、個人的にはずっと前か […]
今日は、立春から数えて88日目の「八十八夜」。ところで、東京都心にも茶畑あるの知ってます?/5/2=旧4/7・己丑

今日は、立春から数えて88日目の「八十八夜」。ところで、東京都心にも茶畑あるの知ってます?/5/2=旧4/7・己丑

夏も近づく、八十八夜~♪♪ …って歌ってる場合じゃあありません。 つい、こないだ「立春」が来て、もうそれから88日もたったんですかぁ。 「八十八夜」は、日本固有の農事暦「雑節」のひとつ。 「節分」や「土用」、 […]
5月に入ったし、鯉のぼりを飾ろうか。...ポストカードとか千代紙ですが(^^♪。/5/1=旧4/6・戊子

5月に入ったし、鯉のぼりを飾ろうか。…ポストカードとか千代紙ですが(^^♪。/5/1=旧4/6・戊子

日常のシーンに、兜甲冑?? あっ!もう5月か! 端午の節句ももうすぐだっ! と、近所のウインドウに飾られたこれ見て思い出しました。 今年は、寒い時期がなかなか去らなかったこともあり、なんとなく身体の中の季節がずれている […]
七十二候は「牡丹華(ぼたんはなさく)」に。花の頃の短い牡丹は、ホントに今を逃せない見ごろ。/4/30=旧4/5・丁亥

七十二候は「牡丹華(ぼたんはなさく)」に。花の頃の短い牡丹は、ホントに今を逃せない見ごろ。/4/30=旧4/5・丁亥

七十二候は、今日から「牡丹華」に入りました(4月30日~5月4日)。 同じ花の開花でも「櫻始開(さくらはじめてひらく)」の「開」ではなく、「華」という文字を当てたのがこの暦コトバのポイント。 読みは、「華」=「はなさく」 […]
はじまりましたね、初夏のお休み。今日は「昭和の日」なのでゆかりの場所へ。/4/29=旧4/4・乙酉

はじまりましたね、初夏のお休み。今日は「昭和の日」なのでゆかりの場所へ。/4/29=旧4/4・乙酉

初夏の休暇は、今年も「昭和の日」でスタート。 今日、4月29日は、かつて「(昭和)天皇誕生日」。 それが、平成になるとともに「みどりの日」となった記憶があるものだから、いつもあれあれ? …と思うのだけど。 2 […]
日の出が早い、が理由?それとも、今年も蛙が目を借りてった?...いまごろ無性に眠い初夏の入口/4/28=旧4/3・乙酉

日の出が早い、が理由?それとも、今年も蛙が目を借りてった?…いまごろ無性に眠い初夏の入口/4/28=旧4/3・乙酉

春先は大丈夫だったのに、初夏の今頃眠いんですが…。 気が付けば、うとうとうと…。 あらら、こいつはすでに撃沈。 新入りの彼も、気づけば、日向で眠る。 あああぁ、猫はいいねぇ。 しかし、この耐えられ […]
つつじまつりの期間限定授与。根津神社の「厄除け粽」、今年も首尾よくいただきましたっ!/4/27=旧4/2・甲申

つつじまつりの期間限定授与。根津神社の「厄除け粽」、今年も首尾よくいただきましたっ!/4/27=旧4/2・甲申

根津神社のつつじ祭 …と言えば、忘れちゃならない「厄除け粽」 今年も、忘れず授与いただくべく、一年お世話になった、昨年授与のこちらは、きちんと包んで…。 つつじ祭に持参しました。 拝殿でお参りしつ […]
根津神社のつつじまつり。早咲き、中咲き、遅咲きと楽しむのがツウ...。今年も結局中咲きから。/4/26=旧4/1・癸未・新月

根津神社のつつじまつり。早咲き、中咲き、遅咲きと楽しむのがツウ…。今年も結局中咲きから。/4/26=旧4/1・癸未・新月

春から初夏の花追いの王道! つつじ祭り行きましたっ! ただし、時間がなくなったんで先日計画立てた「小石川植物園で品種を学んでから」…を割愛。 いきなり根津神社へと。 …となった次第。 このポスター […]
七十二候は「霜止出苗(しもやみてなえいづる)」に。油断ならない「霜」も止み、苗の芽生え...。東京では銀杏の芽生え。/4/25=旧3/29・壬午

七十二候は「霜止出苗(しもやみてなえいづる)」に。油断ならない「霜」も止み、苗の芽生え…。東京では銀杏の芽生え。/4/25=旧3/29・壬午

季節の暦・七十二候は、「霜止出苗」に入りました(4月25日~29日)。 ・「霜止」=「しもやみて」⇒霜も降らなくなったので。 ・「出苗」=「なえいづる」⇒苗が成長する。 さすがにあと10日もすれば「立夏」だしね、霜 […]
今日は、植物学者牧野富太郎博士の生まれた日を由来に「植物学の日」です。/4/24=旧3/28・辛巳

今日は、植物学者牧野富太郎博士の生まれた日を由来に「植物学の日」です。/4/24=旧3/28・辛巳

4月24日は植物学者、牧野富太郎博士の誕生日。 それを由来に「植物学の日」です。 …というか、誕生日が、そのまま研究テーマを冠した記念日になってるし。 すごいですね。 といっても、ファーブルが、虫のひとである […]
我が国は草もサクラを咲きにけりと小林一茶が詠んだ「桜」はこれかぁ~(^^♪。堪能しました桜草!/4/23=旧3/27・庚辰

我が国は草もサクラを咲きにけりと小林一茶が詠んだ「桜」はこれかぁ~(^^♪。堪能しました桜草!/4/23=旧3/27・庚辰

今頃の花鑑賞は忙しい。 躑躅(つつじ)、文目(あやめ)に藤ときて、 あっそうだっ!桜草っ! …と思い出して慌てています。 桜が散って、初夏を迎える今頃に咲く花。 桜に勝るとも劣らない咲きっぷりのが、なんと4種 […]
躑躅(つつじ)に、文目(あやめ)、藤に...あっ!桜草っ!忙しすぎる初夏までの花追い。/4/22=旧3/26・己卯

躑躅(つつじ)に、文目(あやめ)、藤に…あっ!桜草っ!忙しすぎる初夏までの花追い。/4/22=旧3/26・己卯

染井吉野もすっきり散って、八重もそろそろ盛りをすぎて となれば、こんどは…。 実は桜が散って、以降このひと月の花追いが、一年中でいちばん忙しいかも? 思いつくままにならべてみても…。 ・躑躅(つつ […]
七十二候は「葭始生(あしはじめてしょうず)」。水辺にも春...ということで、池の芽生え観察をっ!/4/21=旧3/25・戊寅

七十二候は「葭始生(あしはじめてしょうず)」。水辺にも春…ということで、池の芽生え観察をっ!/4/21=旧3/25・戊寅

季節の暦・七十二候は、「葭始生」に入りました(4月20日~24日)。 「葭」は「あし」とか「よし」とか読んで、水辺に育つ植物のひとつ。 ちょっとススキに似た感じの植物で、川の下流域や干潟などに広い葭原をつくったりもします […]
二十四節気は「穀雨」に。この時期の雨は「百穀春雨」とも、 今年は「菜種春雨」も間に合った?/4/20=旧3/24・丁丑

二十四節気は「穀雨」に。この時期の雨は「百穀春雨」とも、 今年は「菜種春雨」も間に合った?/4/20=旧3/24・丁丑

今日は、二十四節気の「穀雨(こくう)」です。 「穀」はもちろん「穀物」のコト。 そこに「雨」とくれば、「穀物が育つため、大地に恵みの雨が降り注ぐ」ぐらいの意味かなぁ。 さて、江戸の暦の参考書『暦便覧』は何と言っているかな […]
4月19日は、伊能忠敬由来の記念日「地図の日」です。その偉業っぷりを少しまとめました。/4/19=旧3/23・丙子・下弦

4月19日は、伊能忠敬由来の記念日「地図の日」です。その偉業っぷりを少しまとめました。/4/19=旧3/23・丙子・下弦

4月19日は、伊能忠敬由来の記念日「地図の日」です。 その日は、江戸時代後期、寛政12年(1800年)閏4月19日。 伊能忠敬は、蝦夷地の測量を行うために、この朝、江戸を旅たちました。 測量旅行出発の前には、かならず富ヶ […]
来たよ、来たっ!春柑橘の旬!やーっと、春みかんの季節っ!/4/18=旧3/22・乙亥

来たよ、来たっ!春柑橘の旬!やーっと、春みかんの季節っ!/4/18=旧3/22・乙亥

東京では春なのに夏日が続いて、 さっぱりしたものが食べたくなって…。 求めてきました、春みかん。 っていうか、店頭にはけっこう前から出そろってましたが、「甘夏」「伊予柑」「デコポン」「清見柑(しかも木熟だって […]
ああ、もう少しで夏なのねぇ~。春土用入りですが、雑草観察第二弾。春から初夏へ。/4/17=旧3/21・甲戌

ああ、もう少しで夏なのねぇ~。春土用入りですが、雑草観察第二弾。春から初夏へ。/4/17=旧3/21・甲戌

今日は、春土用の最初の一日。 そして18日間の土用が明ければ、あらら立夏! ああ、もう夏がそこまできちゃってますっ! いやいや、夏や冬の土用にくらべて穏やかな、季節のあわいの日々。 ここぞと雑草観察にいそしむ日々。(←っ […]
立春から70日を過ぎて、さてさて、桜リレーは八重にバトンを渡したかな?/4/16=旧3/20・癸酉

立春から70日を過ぎて、さてさて、桜リレーは八重にバトンを渡したかな?/4/16=旧3/20・癸酉

江戸人に倣えば、 桜の見ごろは立春からの日数で知る。 これはマジであてになる目安で、今年もちゃんとその通り。 ・「彼岸桜」「枝垂桜」⇒立春より54~55日頃より。 …はもちろん、 ・「一重桜」⇒立春より60日 […]
七十二候は「虹始見(にじはじめてあらわる)に。しかし、虹など現れないので勝手七十二候「楓始開」でいきますっ!/4/15=旧3/19・壬申

七十二候は「虹始見(にじはじめてあらわる)に。しかし、虹など現れないので勝手七十二候「楓始開」でいきますっ!/4/15=旧3/19・壬申

季節の暦・七十二候は、今日から「虹始見」(4月15日~19日)に入りました。 今回も七十二候に多い「始」シリーズ。 巡りきた新しい季節を象徴することが、始まっていることを表現しますが、そのアイテムが「虹」。 「虹が出やす […]
染井吉野が散り桜になった今頃、俄然、存在感を醸すのが、この黄色、タンポポの黄色!/4/14=旧3/18・辛未

染井吉野が散り桜になった今頃、俄然、存在感を醸すのが、この黄色、タンポポの黄色!/4/14=旧3/18・辛未

密かに春のシンボルみたいに思っている花。 たんぽぽの花。 それが、実はこんな春と初夏のあわいの頃に存在感を増す。 染井吉野の開花を真ん中に据えると…。 ・つくしが目に付き→ ・染井吉野の開花→ ・散り桜→ タ […]
私のベスト・オブ・桜景色は、ここ 小石川植物園の桜並木。もしや散り桜の今のほうが美しくない?/4/13=旧3/17・庚午

私のベスト・オブ・桜景色は、ここ 小石川植物園の桜並木。もしや散り桜の今のほうが美しくない?/4/13=旧3/17・庚午

勝手七十二候「散桜楽」の時期なんで、まだまだ桜を楽しんで…。 こうなったらしつこいぐらいに眺めてやろう! ならば、小石川植物園へも行かなくちゃっ! …と思いたつ。 (ちなみに、勝手七十二候「散桜楽 […]
七十二候は「鴻雁北(こうがんかえる)」に。今年も雁に出会えない街暮らし、で、勝手七十二候「散桜楽」に。/4/12=旧3/16・己巳

七十二候は「鴻雁北(こうがんかえる)」に。今年も雁に出会えない街暮らし、で、勝手七十二候「散桜楽」に。/4/12=旧3/16・己巳

七十二候は「鴻雁北」に入りました(4月10日~14日)。 「鴻雁」=「雁(かり)」のことで、「こうがん」と読みます。 それが、「北」へ帰ってゆくから、「北」=「かえる」と読みを当てて、通して「こうがんかえる」。 意味はも […]
染井吉野はまだ健在、今年は長いぞっ!と思う陰でこちらはあららもう散った?/4/11=旧3/15・戊辰

染井吉野はまだ健在、今年は長いぞっ!と思う陰でこちらはあららもう散った?/4/11=旧3/15・戊辰

おや、そういえば、この桜。 染井吉野の陰でもう散った? と今更、焦って所在探し。 いや、桜と同じくバラ科の植物ですが、こちらはシモツケ属の落葉低木…の 「雪柳」 です。 しかし、こうして近寄ってみると、一瞬判 […]
ちょっと早いかなぁ~?と思いつつ買ってきました、春の渦。いやこれは、新たまねぎ、横に切ってソテーしたやつ。/4/10=旧3/14・丁卯

ちょっと早いかなぁ~?と思いつつ買ってきました、春の渦。いやこれは、新たまねぎ、横に切ってソテーしたやつ。/4/10=旧3/14・丁卯

もう出始めてるよぉ~! と勇んで買ってきて、横に切って、焼いて…。 春の渦でございますっ! …って、いきなり失礼っ! 今年の「新たまねぎ」がもう登場してたんでちょっと嬉しくなったゆえ、さっそくソテ […]
今日は奈良の大仏開眼供養を由来とする「大仏の日」。ならばと上野の大仏様へお参りに。/4/9=旧3/13・丙寅

今日は奈良の大仏開眼供養を由来とする「大仏の日」。ならばと上野の大仏様へお参りに。/4/9=旧3/13・丙寅

奈良の大仏・盧舎那仏像の開眼供養を由来。 今日は、由緒ある「大仏の日」です。 奈良・東大寺の大仏様、廬舎那仏像が造立されたのは、天平時代。 天平勝宝4年の今日、4月9日(西暦752年5月26日→記念日は、日付を採用したみ […]
花に甘茶に、美しきお釈迦様の誕生祝い。今日は「灌仏会」です!/4/8=旧3/12・乙丑

花に甘茶に、美しきお釈迦様の誕生祝い。今日は「灌仏会」です!/4/8=旧3/12・乙丑

あっという間に桜咲く日々、寒かったのが嘘のよう~(^^♪ という頃に美しい花まつり。 今日は、お釈迦様の誕生を祝う行事「灌仏会」です。 お花見ついでに、仏教寺院にお参りすれば…。 美しい花御堂。 中央には、端 […]
今日は、小川未明の誕生日だから、いつもの文庫をもって出かけますっ!マジで、ワンパターンの2冊!/4/7=旧3/11・甲子

今日は、小川未明の誕生日だから、いつもの文庫をもって出かけますっ!マジで、ワンパターンの2冊!/4/7=旧3/11・甲子

4月7日は、小川未明の誕生日。 もちろんいつものように、外出時には、著作を持って、暇を見つけては読む。 子供のころから親しんで、大きく影響も受けた作家の誕生日には、こうして、密かに誕生祝。 今日もおんなじ2冊を持って出か […]
さあさ、立春から60日目を過ぎて、江戸人に倣えば一重桜の見ごろ。染井吉野の様子はどうだ?/4/6=旧3/10・癸亥

さあさ、立春から60日目を過ぎて、江戸人に倣えば一重桜の見ごろ。染井吉野の様子はどうだ?/4/6=旧3/10・癸亥

江戸人に倣いたいのは、 花の見ごろを立春からの日数を目安にしてたってことで…。 特に桜は案外ぴったり。 まずは、その目安一覧を。 ・「彼岸桜」⇒立春より五十四・五日頃より。 ・「枝垂桜」⇒同じ頃より。 ・「一 […]
七十二候は「玄鳥至(つばめきたる)」に。ご近所の巣にはまだ来てませんが、たぶんもうすぐっ!/4/5=旧3/9・壬戌

七十二候は「玄鳥至(つばめきたる)」に。ご近所の巣にはまだ来てませんが、たぶんもうすぐっ!/4/5=旧3/9・壬戌

季節の暦・七十二候は「玄鳥至」に入りました(4月4日~9日)。 「玄鳥」=燕(ツバメ)のコト。 それが「至る」=やってくる。 暦は、渡り鳥のツバメが、南方から渡ってくる頃と言っています。 最長10日ぐらいの遅れはあるけど […]
二十四節気は「清明」に。古い解説によれば「此芽は何の草としれるなり」という頃ですが、確かにっ!/4/4=旧3/8・辛酉

二十四節気は「清明」に。古い解説によれば「此芽は何の草としれるなり」という頃ですが、確かにっ!/4/4=旧3/8・辛酉

今日は、二十四節気の「清明(せいめい)」です。 おおっ! もうそんな日々かぁ~と軽く驚き。 しかし、ぐるりあたりを見回せば…。 たしかに、「清」く「明」るい、若々しい黄緑色で世界は美しく染められていました。 […]
今日は、高僧・隠元さん由来で「いんげん豆の日」。これほど格調高い記念日ってある?と思いつつ豆を煮る。/4/3=旧3/7・庚申

今日は、高僧・隠元さん由来で「いんげん豆の日」。これほど格調高い記念日ってある?と思いつつ豆を煮る。/4/3=旧3/7・庚申

禅宗の高僧・隠元さんは、 大陸からいんげん豆を伝えた人で…。 当初は、精進料理の食材として日本の地に持ち込まれたものであったのが、荒れ地でもすくすく育つ丈夫な種。 それゆえ、当時、たびたび飢饉に襲われ、飢えた […]
藪も乙女も、椿が満開。地味に咲き、長く咲き、散ってさらに地面で咲く。そのしつこさが好き。/4/2=旧3/6・己未

藪も乙女も、椿が満開。地味に咲き、長く咲き、散ってさらに地面で咲く。そのしつこさが好き。/4/2=旧3/6・己未

桜の代わりに(?)椿が満開! 初春に、ぽつんぽつんと咲く様子も可愛かったけれど…。 紅いやぶ椿は、こんな風にわらわら咲きまくる今ごろが好き。 遠目で見ると…。 まだこんな風。 いや、けっこう咲きま […]
今日は新年度!。日本人には、春にしつこく3回も節目があって、基本関係ない私は、暮らしのプチ変化を図る日に。/4/1=旧3/5・戊午

今日は新年度!。日本人には、春にしつこく3回も節目があって、基本関係ない私は、暮らしのプチ変化を図る日に。/4/1=旧3/5・戊午

日本人には、春の節目が3つもあって…。 第1の節目⇒元旦。 第2の節目⇒節分。 そして、第3の節目は、今日、4月1日の新年度です。 うーむ。 トクしてんのか? それとも、忙しないのか? …わかりま […]
七十二候は「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」。つまり春雷の頃、なんで、我が家の片隅に雷神様を飾ります(風神もね)。/3/31=旧3/4・丁巳

七十二候は「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」。つまり春雷の頃、なんで、我が家の片隅に雷神様を飾ります(風神もね)。/3/31=旧3/4・丁巳

季節の暦・七十二候は、今日から「雷乃発声」に入っています(3月30日~4月3日)。 難しい文字はないので、これはなんとなくわかるコトバ。 もとい! 不思議な「乃」の字の存在にややひっかかるな。 読みは「すなわち」なんです […]
今日は旧暦桃の節句。古い暦はいまごろお雛様なんだぁ...と思いつつ、わが身は、春の貝を探し。/3/30=旧3/3・丙辰

今日は旧暦桃の節句。古い暦はいまごろお雛様なんだぁ…と思いつつ、わが身は、春の貝を探し。/3/30=旧3/3・丙辰

おっ! 今日は、旧暦3月3日。 となれば、やはり桃の節句的なコトを意識したくなるものですが…。 ココロにパッと浮かんだのは、貝は安くなってない? できれば蛤、せめて大粒浅利。 …ってこと(^^♪ […]
オオイヌフグリが咲いたなら、次は、すみれに、つくしに...。もう皇居の庭でしか会えないけどね。/3/29=旧3/2・乙卯

オオイヌフグリが咲いたなら、次は、すみれに、つくしに…。もう皇居の庭でしか会えないけどね。/3/29=旧3/2・乙卯

街に住んでも、身近な場所には、青いオオイヌフグリ。 …ってか、なんとかならないかなあ…この名前。 と思いつつも、その件はすぐに棚上げ(←こうして棚上げされ続けて、こんな名前が定着したんだろうかなぁ […]
春到来を意識するのは、桜よりも、実は、この青い花「オオイヌフグリ」。/3/28=旧3/1・甲寅・新月!

春到来を意識するのは、桜よりも、実は、この青い花「オオイヌフグリ」。/3/28=旧3/1・甲寅・新月!

実はいちばん「春だ~っ(^^♪」と思わせてくれる花は…。 菜の花咲いて、白木蓮も満開、染井吉野の開花宣言も早々になされ、桜の花が存在感を出してくるのももう今日あたりかなぁ。 都内の庭園、公園へ繰り出せば、春の […]
東京でも桜咲く。ならば、堂々といただきますよ!桜餅!もちろん、今日は江戸風。/3/27=旧2/30・癸丑

東京でも桜咲く。ならば、堂々といただきますよ!桜餅!もちろん、今日は江戸風。/3/27=旧2/30・癸丑

染井吉野が咲いたら「桜餅」 …が、マイ・ルール。 とか言って、もう東北風(←だと思う。)のぼってり素朴なやつはいただいちゃったんですが。 東京にて染井吉野の開花宣言が21日。 そして、一昨日には、我が標本木( […]
七十二候は「櫻始開(さくらはじめてひらく)」に。東京の標本木開花は、21日だったけど、私の標本木は?/3/26=旧2/29・壬子

七十二候は「櫻始開(さくらはじめてひらく)」に。東京の標本木開花は、21日だったけど、私の標本木は?/3/26=旧2/29・壬子

季節の暦七十二候は、「櫻始開」の時期にはいりました(3月25日~29日)。 これも、七十二候おなじみの「始」シリーズ。 始まるのは、もちろん桜の開花、このコトバは、七十二候上の開花宣言です。 と考えれば、この暦がメインス […]
亀戸天神では、3月25日の今日も、ご供養の神事「神忌祭」が執り行われます/3/25=旧2/28・辛亥

亀戸天神では、3月25日の今日も、ご供養の神事「神忌祭」が執り行われます/3/25=旧2/28・辛亥

2月は「菜種御供」、そして3月25日は、神忌祭にて、天神様はご供養されます。 菅原道真公のご命日は、旧暦2月25日。 日付の同じ、2月25日には菜の花を供える「菜種御供」でご供養をして、旧暦にちかい3月もまた、魂をお慰め […]
東京では桜開花宣言があったことだし、さっそく桜餅?そう、今年は、福島土産バージョンから。/3/24=旧2/27・庚戌

東京では桜開花宣言があったことだし、さっそく桜餅?そう、今年は、福島土産バージョンから。/3/24=旧2/27・庚戌

開花宣言したんだし、もういいだろよっ!桜餅っ! 実は、マイルールとしては、染井吉野の開花と同時に。 なんで、もう、全然、桜餅の食べ時なんですが…。 その前に、福島バージョンの桜餅が珍しかったんで、買ってみまし […]
彼岸中は風邪、明けは遅れてきた花粉症。ぼんやり頭で、春柑橘、で「春のお茶」...か?/3/23=旧2/26・己酉

彼岸中は風邪、明けは遅れてきた花粉症。ぼんやり頭で、春柑橘、で「春のお茶」…か?/3/23=旧2/26・己酉

風邪ひいたし、いまごろ花粉症? 毎年、三寒四温がいよいよ収束というころに風邪をひき。 それに加えて、帰京したとたんにいまごろ花粉症? さっぱりしたもの食べたいなとスーパーを一巡。 まだ出始めの、少しお高い春柑橘を買ってし […]
七十二候は、雀始巣(すずめはじめてすくう)に。さて、都会の雀はどこで生まれて育ってるんでしょね~?/3/22=旧2/25・戊申

七十二候は、雀始巣(すずめはじめてすくう)に。さて、都会の雀はどこで生まれて育ってるんでしょね~?/3/22=旧2/25・戊申

季節の暦・七十二候は、「雀始巣」に入っています(3月20日~24日)。 七十二候おなじみの「始」シリーズ。 ここで始まるのは、雀の巣つくりです。 読みは、そのまま「雀」=「すずめ」、「始巣」=「はじめてすくう」。 すずめ […]
今年も、福島の「山眠る」と「山笑う」のあわいを...。まだ種まきウサギでないけど。/3/21=旧2/24・丁未

今年も、福島の「山眠る」と「山笑う」のあわいを…。まだ種まきウサギでないけど。/3/21=旧2/24・丁未

お彼岸帰省にて、わが身はまだ東北におります。 ということで、福島の母の家に帰省中。(←というか寄生中?) この町は、周囲をぐるりと山に囲まれ、市街地からはずれれば高いビルもなく。 晴れた日は、清々しいほどの山並みの景観。 […]
今日は二十四節気の「春分」。そして春彼岸の中日で、朝から牡丹餅!/ 3/20=旧2/23・丙午

今日は二十四節気の「春分」。そして春彼岸の中日で、朝から牡丹餅!/ 3/20=旧2/23・丙午

今日は、二十四節気の「春分」です。 「立春」の頃には、まだ微かな気配でしかなった「春」。 それが、ほぼひと月半たって「春分」となれば、まぎれもなく「春」ですね。 浮かれますね。 浮かれる前に、いつもの『暦便覧』も見ておこ […]
あっ!そうだ、明日は、上野動物園開園記念日!と、福島の空の下にて上野を思う。/3/19=旧2/22・乙巳

あっ!そうだ、明日は、上野動物園開園記念日!と、福島の空の下にて上野を思う。/3/19=旧2/22・乙巳

ただいまお彼岸帰省中。 となっても、春は、上野界隈の事が気になります。 普段は、東京の狭い空を見上げて、母の暮らす福島の様子を思い。 春彼岸になると、その真逆。 ふふふっ、不思議なもんです。 っていっても理由はあって、明 […]
春彼岸帰省中ですが、東京の私の桜標本木(←勝手にここと決めてる)の様子をここに。/3/18=旧2/21・甲辰

春彼岸帰省中ですが、東京の私の桜標本木(←勝手にここと決めてる)の様子をここに。/3/18=旧2/21・甲辰

わが身は、東北。 ココロは、今日のわが標本木はどんなかなぁ~?…と。 気象庁のルールによれば、染井吉野の開花宣言は、<標本木と決められた桜の木に、花が5~6輪咲いてから> そして、その5~6輪は、目視で確認す […]
今日は、春彼岸入り。私は今日から、春彼岸帰省です。/3/17=旧2/20・癸卯

今日は、春彼岸入り。私は今日から、春彼岸帰省です。/3/17=旧2/20・癸卯

今日は、春の彼岸入りです。 暑さ寒さも彼岸までといいますが、するってーと、今年もしっかり過激だった、春の三寒四温もこれで緩やかになるかなぁ…とか。 東京地方は、いよいよ染井吉野の開花かなぁ~とか。 なんかお彼 […]
今年は早っ!不忍の池の桜が散るまで、超・期間限定の「桜大福」登場!まだ咲いてないのに?/3/16=旧2/19・壬寅

今年は早っ!不忍の池の桜が散るまで、超・期間限定の「桜大福」登場!まだ咲いてないのに?/3/16=旧2/19・壬寅

いつもは、もう少しあと。 マジで不忍池の桜の開花を宣言する如くだったのが…。 遅めの午前中に前を通れば…。 ええっ!もう販売開始? と驚くばかり! もしや、桜=染井吉野を、桜=寒桜あたりに切り替え […]
七十二候は「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」に。菜虫=青虫⇒蝶の意味だが、美しい光景が浮かぶのは「菜」の字のせい?/3/15=旧2/18・辛丑

七十二候は「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」に。菜虫=青虫⇒蝶の意味だが、美しい光景が浮かぶのは「菜」の字のせい?/3/15=旧2/18・辛丑

季節の暦七十二候は、今日から「菜虫化蝶」に入りました(3月15日~19日)。 「菜虫」=青虫。 つまり、モンシロチョウの幼虫のこと。 それが、「化蝶」=「蝶」に羽「化」をするで、「なむしちょうとなる」と読んで意味はそのと […]
木の芽時の花芽観察。「白木蓮」の花芽がふかふか膨らみ...あら、もう咲いた?/3/14=旧2/17・庚子

木の芽時の花芽観察。「白木蓮」の花芽がふかふか膨らみ…あら、もう咲いた?/3/14=旧2/17・庚子

白木蓮のつぼみは、なんだか猫柳のようで…。 七十二候でいえば「草木萌動」から「蟄虫啓戸」のあたり。 ちょっと前の3月上旬に見たときには、まだまだ堅く閉じた感じだったのが…。 ああ、ふっくらしてきた […]
春には苦味、さらには美しい緑野菜。で、「春の皿には、緑も盛れ」となる次第。/3/13=旧2/16・己亥

春には苦味、さらには美しい緑野菜。で、「春の皿には、緑も盛れ」となる次第。/3/13=旧2/16・己亥

「春の皿には、苦味を盛れ」というなら 緑もたっぷり盛りたいね。 ってことで、今年もいまごろマイブームなのが「春の皿には、緑も盛れ」ランチ。 八百屋さんにもスーパーの棚にも、そろそろ春らしい食材がたーんと安くなって。 安い […]
七十二候は「桃始笑(ももはじめてさく)」に。桃の花ったら、ホントに笑ってるみたいに咲くんだよねぇ。/3/12=旧2/15・戊戌

七十二候は「桃始笑(ももはじめてさく)」に。桃の花ったら、ホントに笑ってるみたいに咲くんだよねぇ。/3/12=旧2/15・戊戌

季節の暦七十二候は、「桃始笑」に入っていました(3月10日~14日)。 ホントは、3月10日スタート。 だけど、そのあたりは、いろいろ重みある記念日が重なり合って、ブログに書くのは、毎年今日になっちゃうんだなぁ。 この日 […]
東日本大震災から6年。防災グッズの点検、防災知識のアップデート。そしてあの日以降の事から学ぶ。/3/11=旧2/14・丁酉

東日本大震災から6年。防災グッズの点検、防災知識のアップデート。そしてあの日以降の事から学ぶ。/3/11=旧2/14・丁酉

震災以前と震災以後。 6年たってもまだそんな風に思う。 たぶん、あの日は、戦前戦後と同じぐらいの大きすぎる分岐点。 ずーっと抱えてゆくべき思いなんだろなぁ…と。 そんな風に思いつつ起き出して。 いつものように […]
1945年東京大空襲の日は、1990年東京都平和の日。花咲き誇る今日はそんな日。/3/10=旧2/13・丙申

1945年東京大空襲の日は、1990年東京都平和の日。花咲き誇る今日はそんな日。/3/10=旧2/13・丙申

街には「乙女椿」も咲いて、 椿の見ごろはまさに今。 ピンクのこの花、ブローチにして持って帰りたい美しさと思いつつパチリ。 …とシャッターを押した。 その根元には、ほぼ満開の「沈丁花」。 ああ、香りまくっており […]
今日は、勝手に『古事記』の日。いやいや、確かな理由はありますよ。とにかく古事記のカミサマを巡る一日に。/3/9=旧2/15・乙未

今日は、勝手に『古事記』の日。いやいや、確かな理由はありますよ。とにかく古事記のカミサマを巡る一日に。/3/9=旧2/15・乙未

『古事記』は、712年(和銅5)年1月28日完成。 それって、新暦だと3月9日なんです。 というコトで、今日は、古事記の日と勝手に決めている次第。 そしてそんな一日なら、手に取る本は、この一冊。 『古事記ゆる神様100図 […]
街に黄色い色が増えた気が...。花屋さんはミモザだらけ...あっ!今日はミモザの日?/3/8=旧2/11・甲午

街に黄色い色が増えた気が…。花屋さんはミモザだらけ…あっ!今日はミモザの日?/3/8=旧2/11・甲午

以前なら、春の「花地図」のトップバッター ミモザの樹。 他人に道を聞かれることが半端なく多いもんで、洒落で花をランドマークにしてみたら、春は、ミモザの黄色がぴったりだった。 洒落といっても、正確な道順を伝えるはマスト。 […]
桜リレーは、「寒桜」からバトンを受け取り、上野界隈では「寒緋桜」咲く!春本番へひとこま進む。/3/7=旧2/10・癸巳

桜リレーは、「寒桜」からバトンを受け取り、上野界隈では「寒緋桜」咲く!春本番へひとこま進む。/3/7=旧2/10・癸巳

ちかごろの3月は、激しめの三寒四温。 暖かな日もなんだか厚着して出かけてみたり、けっきょく手袋しないと手先がかじかんだり…。 うーん。 まだ春は遠いか? いやいや、またひとこま、春の日に近づいたよっ! とばか […]
七十二候は「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に。ってことで、蕗の薹で春を堪能!/3/6=旧2/9・壬辰

七十二候は「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に。ってことで、蕗の薹で春を堪能!/3/6=旧2/9・壬辰

季節の暦七十二候は、「蟄虫啓戸」に入りました(3月5日~9日)。 実は、意味は昨日の「啓蟄」とほぼ同じ。 使う文字も同じなんで、まあ、そうですよね。 「蟄虫」の読みは「すごもりむし」で、もちろん「虫」=昆虫、蛙、蛇 […]
二十四節気は「啓蟄」に。ああ、暦の上とはいっても春がスタートしてもうひと月!?/3/5=旧2/8・辛卯

二十四節気は「啓蟄」に。ああ、暦の上とはいっても春がスタートしてもうひと月!?/3/5=旧2/8・辛卯

今日は、二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」です。 二十四節気のスタートは「立春」。 以降、15日毎に次の暦にバトンをつなぎ、「雨水」⇒「啓蟄」なんで、もう春がスタートしてからひと月です。 毎度のことながら、日々の過行く速度 […]
毎春、3月3・4日は、深大寺だるま市。ああ、今年は調布は遠すぎて、一人で妄想劇場なり(^-^;)/3/4=旧2/7・庚寅

毎春、3月3・4日は、深大寺だるま市。ああ、今年は調布は遠すぎて、一人で妄想劇場なり(^-^;)/3/4=旧2/7・庚寅

3月3日・4日は、深大寺のだるま市。 だるま市は、師走から正月行事が本来の日程みたいで、関東近郊では調布・深大寺のそれのみ、春3月に行われるってのがバリュー。 最寄りの調布駅からさらにバスというアクセスではあるものの、陽 […]
Latest entries
『ふたりからひとり...』を読了。読み終わり、逝った人は、あの庭や家に宿った...と静かに確信をする。そんな読後感。

『ふたりからひとり…』を読了。読み終わり、逝った人は、あの庭や家に宿った…と静かに確信をする。そんな読後感。

『ふたりからひとり ときをためる暮らし それから』を惜しみつつ読了。 ントに読み終わるのが惜しかった…と思える一冊。 私は、このシリーズの最初から、つばた夫妻の穏やかで豊かな暮らしに憧れつつ、次の一冊が出ない […]
今日は、桃の節句 お雛祭りっ!今年は、リアル桃咲くなかに飾られたお雛様を!/3/3=旧2/6・己丑

今日は、桃の節句 お雛祭りっ!今年は、リアル桃咲くなかに飾られたお雛様を!/3/3=旧2/6・己丑

新暦の桃の節句は、桃なしのお雛祭り。 …と思っていたら 咲くところには咲いている!? おおっ!咲き始めてるっ! 蕾もたくさん! 場所は、荒川区の千住大橋にほどちかくに鎮座する素戔嗚神社。 もちろんお雛様もいら […]
今年の雛市気分は、桜餅で?いやいや、これも、雛祭りバージョン/3/2=旧2/5・戊子

今年の雛市気分は、桜餅で?いやいや、これも、雛祭りバージョン/3/2=旧2/5・戊子

ここ数日の窓辺の飾りは雛祭り仕様。 我が家には雛人形はないもので、いつものポストカードで気分だけ。 郷土玩具としてのお雛様がそろい踏みしている好きな1枚を飾ります。 (それぞれの詳細は過去記事にまとめましたのでよろしかっ […]
七十二候は「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に。となると、気になり始める都会のロゼット葉。/3/1=旧2/4・丁亥

七十二候は「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に。となると、気になり始める都会のロゼット葉。/3/1=旧2/4・丁亥

季節の暦・七十二候は「草木萌動」に入りました(2月28日~3月4日)。 草木=「そうもく」。 それらが、どうなる? 「萌動」となると暦は言って、この「萌」=「草木の芽が出る」様子の意味で、ああ、なるほどね。 まさに本格的 […]
今日は「ビスケットの日」。ということで、勇んで買ってきました今年の逸品。/2/28=旧2/3・丙戌

今日は「ビスケットの日」。ということで、勇んで買ってきました今年の逸品。/2/28=旧2/3・丙戌

2月28日はビスケットの日と知って…。 年に1回今日はビスケットを買う日と決めたりしている私。 ってことで今年もいそいそと買ってきました。 今年は、ベルジャントレジャーの「カラメルビスケット」。 ベルギーの伝 […]
七十二候は「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」に。東京ではたなびきませんので、自前で?/2/27=旧2/2・乙酉

七十二候は「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」に。東京ではたなびきませんので、自前で?/2/27=旧2/2・乙酉

季節の暦・七十二候は「霞始靆」が今日まででしたっ!(2月23日~27日)。 「霞」=「かすみ」と、そのままの意味。 「靆」は、「雲や霞がたなびいている様子」をさし、読みは「かすみはじめてたなびく」となる。 ひとつ前の「土 […]
菜の花を飾る。花屋さんでなく、青果店の店先のやつ。/2/26=旧2/1・甲申

菜の花を飾る。花屋さんでなく、青果店の店先のやつ。/2/26=旧2/1・甲申

昨日の「菜種御供」の後で、青果店によって…。 菜の花を買いました。 そうそう、野菜のほうの菜の花です。 実はそのまえに花屋によって、飾る菜の花を買おうと思い。 それが存外に高価、1本200円もする… […]
2月25日は、菅原道真公=天神さんのご命日。亀戸天神では、「菜種御供」の神事です。/2/25=旧1/29・癸未

2月25日は、菅原道真公=天神さんのご命日。亀戸天神では、「菜種御供」の神事です。/2/25=旧1/29・癸未

2月25日は天神さん=菅原道真のご命日。 本来は旧暦なので、ホントのご命日は2017年の場合3月22日。 ですが、太宰府天満宮や北野天満宮をはじめ、天神様を祀る神社の多くは、今日を御命日として、神事が執り行われるみたいで […]
今日は、2月二回目の午の日で、今度は千束稲荷神社の地口行灯を眺めに参るっ!/2/24=旧1/28・壬午

今日は、2月二回目の午の日で、今度は千束稲荷神社の地口行灯を眺めに参るっ!/2/24=旧1/28・壬午

2月の午の日は初午祭。 今日は、二の午、地口行灯を眺め倒しに千束へ。 今年の一の午は休日(2/12日曜)のおかげで大混雑。 なので、未だ入手ならずの「火防の凧」を授与いただきに行くか否か…迷うところ。 という […]
2月23日は、二=ふ、二=じ、三=さんで富士山の日っ!/2/23=旧1/27・辛巳

2月23日は、二=ふ、二=じ、三=さんで富士山の日っ!/2/23=旧1/27・辛巳

我がご近所がほこる富士見坂も、今は名のみの…。 数年前に大きなビルが建って、富士山は、もう気軽にちょいっと眺めるとはできなくなったけど。 それでも、建物のあちら側には富士山がある。 そんなふうに思わせてくれる […]
沈丁花早々と香る?!もしかして、記録的な早さじゃないか、とびっくり(*_*)したり、嬉しかったりヽ(゚∀゚)ノ/2/22=旧1/26・庚辰

沈丁花早々と香る?!もしかして、記録的な早さじゃないか、とびっくり(*_*)したり、嬉しかったりヽ(゚∀゚)ノ/2/22=旧1/26・庚辰

油断してたら、ふわっと香ってきました! 沈丁花がもう?! きょろきょろ探せば…おおっ! こんなぐらいの開花でちゃんと香るんだねぇ~(●´ー`●)。 まだ一つしか咲いてないのもちらほらとある。 沈丁花が香るのは […]
梅花見で出くわした、寒桜の饗宴!ということで、プレ桜観察も同時スタート。変に忙しき春('◇')ゞ/2/21=旧1/25・己卯

梅花見で出くわした、寒桜の饗宴!ということで、プレ桜観察も同時スタート。変に忙しき春(‘◇’)ゞ/2/21=旧1/25・己卯

春花見「水仙」⇒「梅」⇒「菜の花」⇒「椿」⇒「染井吉野」の予定に、桜リレーを追加! 「◎◎まつり」と大々的に銘打った花見を、身近などこかでひっそりと楽しむ。 …ってのが私流「勝手・花見」。 で、そういや、例年 […]

アーカイブ

メタ情報