近所の無花果(いちじく)が程よく熟しました。ああ、やっぱり食べたいっ!で、買ってきました。今年は超安値だけど豊作だった?/9/5=旧7/23・甲申・下弦の月

ご近所のいちじくの実が熟しました。

ここ数日蒸し暑い日とかゲリラ豪雨とか、いまごろ夏にもどってんじゃあないよ。
…という気候が続いておりますが、こちらは、いい感じに紫がかってきました。

イチジクの実がなる

今年の暑さがいい影響を及ぼしたのか、この樹は今年大量で、持ち主はなんども収穫したみたい。
それでもけっこう残ってます。

…といっても、これは、よそさまのいちじくなんで…。

買ってきました、もっと大きいやつ

売られているいちじくも、今年は大きく美しいのまでが、安い!

そして、もうこの色は、すっかり秋の色ですよねぇ…シックな色合い。

いちじく

さてさて、味はどうだろう?

いちじくは、盛夏の暑さで青く大きく膨らんで
⇒残暑のなかでじっくりと黄身がかってやわらかく甘くなるって段取りで食卓へ。

盛夏の暑さはたっぷりあったものの、残暑は少々短かったんで(ここ数日は暑いけどね)甘みが少ないかもなぁ…という心配。

いつもと比べて、あまりにも安いからね。

では、ひとついただいてみます。

まずは、半分に切って…。

切ったいちじく

ああ、いい感じに熟しております。
いちじく=無花果と書きますが、花がないんじゃなくて、ここに隠れているんだよねぇ。

で、無花果の花も一緒にいただくという寸法。

いただく

あら美味しい。

かつて、故郷の庭にいちじくの樹があって、それを枝から採って食べ放題。
それが枯れて久しくても、お店でいちじくを買うって考えが、なかったかも?

考えてみたら、これが初めてのいちじく購買体験かも??

ああ、そうかも。

もっといえば、いちじくが安く売られていた時期の記憶もなく、今年がはじめてかもしれません。

ならば、また買ってきて、少し積極的に食べようか…とただただ食指が動きますね。
さあて、あとはどんな風にしていただこうかな?

◆今日は、2015年9月5日/旧暦7月23日/文月甲申の日/下弦の月
◆日の出5時15分 日の入18時04分/月の出22時49分 月の入12時05分