東風はいつ吹くのかしら?/2/5=旧1/6 ・丁未

立春に入ったと思ったら寒波来襲!
立春寒波などというコトバが存在するコトを初めて知った2014年の(暦の上での)春です。

さて、二十四節気が「立春」ならば、それをまた細かく分けた七十二候では、立春の日から始まる5日間は「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」の時期です。
意味は、「そろそろ、暖かな東風が吹いて、氷を解かし始めるよぉ」というぐらいのことでしょうか。

つまり、昨日めでたく「立春」を迎え、暦の上では風向きも変わる。
北から吹く寒風から、徐々に暖かな東から吹いてくる風へと…。

…ほんとかよ。

という寒さですが、それなら「東風をとらまえてみよう!」と、持ち歩きたくなるのがコレ。
Exif_JPEG_PICTURE
方位計です。

あとは、人差し指一本で、風向きを知る。
ちょっとなめて、高く掲げ、指の乾いた側から風は吹いてきているはずです。

東は、日の出ずる方角。
とすれば、東風(こち)は、何か新しいモノを運んで来る、期待の風。

どうぞ、早くやってきて!

★★今日は、2014年2月5日/旧暦1月6日/睦月丁未の日

★関連記事
で、二十四節気って?七十二候って?