毎年7月14日は「ひまわりの日」。花の向日葵ではなく気象衛星の記念日ですが(^^♪。

7月14日の今日は、「ひまわりの日」です。

そうだよね、「向日葵」と「朝顔」はともに夏らしさでは、双璧をなす花。
小学校の植物の観察日記もこのどちらかが大活躍だったせいもあり、しかも花咲くクライマックスは、確か夏休み中。

Exif_JPEG_PICTURE
(こちらの写真は、千駄木と根津の中間、三浦坂の早咲き向日葵ですが、それだって、7月20日頃のもの)

どちらも同じくウキウキした懐かしい気分を思い出させる花でもあります。

だから、朝顔には、「朝顔市」なんかもあって珍重されている感じなのに、「向日葵は無視かねぇ」とも思っていました。
やっぱ記念日…あったんですね。

と喜び勇んで、わが町の向日葵スポットへいっていそいそ写真まで撮ってきた次第。

Exif_JPEG_PICTURE

ああぁ…。まだ、一輪しか咲いてませんね。
あたりまえか…。
しかし、なんだって今日が「ひまわりの日」?

調べてみたら…。
同じ向日葵でも静止気象衛星「ひまわり」のことだった(^^♪

あららっ、失礼っ(^^♪。

しかし、調べてみると、そうかけ離れた勘違いでもなさそうです。

気を取り直して、話を前へ進めてみましょう。

「ひまわりの日」は、1977年のこの日、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた記念日。

それ以前の日本は自前の気象衛星を持たず、アメリカから画像を買ってその情報から気象上の観測をしていたそうです。

この日、無事ひまわり1号は、赤道上空に無事に静止。
日本は、初めて自前で地球の外側からの観測が可能になったという…ふむ、まさに記念すべき日にふさわしい1日ですね。

陸地も海上も含めた広地域を、短時間で観測可能。
静止気象衛星ってすごいっ!

気象衛星は、静止軌道に地球によりそうようにいて、

雲の様子。
水蒸気の状態。
海上風や降雨量。

…などなどの通常の気象観測はもちろん、台風観測などの防災情報を得る有力な手段となっている。

現在は、静止気象衛星「ひまわり」7号と8号が稼働中。

特に、8号は、静止気象衛星としては世界で初めてカラーでの撮影が可能という。
世界で初めてかぁ…隔世の感ありですね。

もちろん、画像の解像度も高く、台風や日本付近を撮影する頻度は、従来30分に1回⇒8号は2.5分に1回と、性能は大幅アップ!
(こちらから引用しました⇒気象衛星センター ひまわり8号・9号

加えて、2016年にはひまわり9号の打ち上げが成功し、2022年運用に向けて準備中だそうです。

天気予報は当たらないのがあたりまえ…という時代があったのを忘れてました。

そういえば、近ごろの天気予報。
その正確さたるや神業的な感じがありますよね。

それは、この上空に花咲く「ひまわり」のおかげが大きいのでしょう。
晴れ間をにらんで、傘を持たずに家を出て、「ああ、天気予報の言うことを素直に聞いとくんだった」と後悔したこと多数です。

気象衛星「ひまわり」の愛称は、もちろん、植物の向日葵から来ています。

それは、太陽に向かって花を咲かせる様子と、宇宙空間にパッと開く静止気象衛星の姿が似ているということでしょうか。

それもあるかもしれませんが、向日葵は、芽が出てから開花直前までは、太陽のあるほうに向かって「向日葵の首」を動かすという性質を持ち…。

20080714ひまわり

それと、いつも「地球」の方向を見て、1日に1回地球を回る(=日回り)という静止気象衛星の動きをかけたのだそうです。

つまり、「日回り」⇒「ひまわり」。

ふーむ、なるほどっ!

気象衛星センターのある清瀬市では、8月に「ひまわりフェスティバル」を開催!

ひまわり」という名前がむずぶ「気象の世界」と「植物の向日葵」の縁…とでもいうのでしょうか?

東京・清瀬市の気象庁気象衛星センター前の道は「ひまわり通り」という名前が付いていたりします。
さらに、清瀬市では数年前から「ひまわりフェスティバル」なるものを開催中。

毎年、広大な農地に約10万本分のひまわりの種を植え、育て咲かせるという取り組みがなされ、8月下旬あたりに半端でない数のひまわりが花咲かせるのだそうです。

…ということで、無事、本物の向日葵の話に行き着きました「ひまわりの日」です。