七十二候は、今日から「水始涸」。稲刈りのため、田んぼの水を抜く季節です。ならばっ!と東京の田んぼに出かけました/10/3=旧8/21・壬子

季節の暦・七十二候は、今日から「水始涸」に入りました(10月3日~7日)。
「みずはじめてかるる」と読みます。

で、毎年「水が枯れる時期なのか?この台風の多い今ごろに?」と性懲りもなく一瞬思う私…。

いやいや違うんですね。

田んぼの稲穂もそろそろ実ってきたので…。

稲実る

稲刈りの準備を始める季節という意味なんです。

帰省するたび眺めていた水田も、ここまで稲穂の存在感が増さってくれば…。

福島の田んぼ

来る稲刈りにそなえて、水田から水を抜いておかなけれならないってコト。

そういう季節になりましたと、古い暦は言っているのです。

ならば…。

東京にだって存在する、我がご近所の田んぼはどうかな?

というコトで、数日前の秋晴れの日に小石川後楽園へ!

ひと月前の「禾乃登(こくものすなわちみのる)」(9月3日~7日)の頃の田んぼには、まだ水がたっぷり張られて…。

稲の根元には、な、なんと!みずすまし!

みずすまし

いやぁ、すごい久しぶりに見たよっ!(←田舎育ちの子どものころ以来かも!)
って感じでした。

稲刈りに備え、田んぼを守るかかしが増殖しておりました!

前にいらしたのは、この方のみ。

黄門さま案山子

さすがもと水戸藩の上屋敷。
田んぼも、黄門さま案山子(だそうです)が、守るんだなぁ。
印籠も出さずに、控えおろうっ!

そこに、可愛いこどもの案山子が…。

かかし

いや、かわいいというより…。

かかし

へんてこな?

実は、この田んぼ。
小石川後楽園にほど近い、文京区立柳町小学校5年生が管理しているのだとか。
田植えも、案山子によるスズメ来襲の防御も、きたる稲刈りも、みんな彼らが担当。
…うーむ。混ざって、いっしょに参加したい。

さて、肝心の、田んぼの水は?

もうないですね。

田んぼの水

水もないけど、少し稲を刈った気配もあるんだなぁ…。
田んぼの周囲がぐるりと稲が刈られて無くなっております。
先行して刈ったのかな?

田んぼの水を抜くことを「落とし水」と言う

というのは、オトナになって知ったコトバです。

が、田んぼだらけの田舎で育った子ども時代。
「その水音」の心地よい響きをカラダが記憶しているみたいです。

実は、実った稲穂を眺めていると、ふとその水音が甦るんですが、不思議ですねぇ。

その音が聞こえなくなったなぁという頃。

あっちの田んぼ、こっちの田んぼと、みるみる稲が刈られてゆく。
そして、稲を刈ったあとの茶色い刈田が出現!

ああ、たしか。
その合間をぬうように、親子で、早朝出かけて行って、稲に止まって、動きの遅いイナゴを採ったなぁ。
…ってことまで思い出しました。

もちろん、佃煮にして食べるのですよ。

ああ、新米にイナゴの佃煮…食べたくなったぁ。

◆今日は、2015年10月3日/旧暦8月21日/葉月壬子の日
◆日の出5時37分 日の入17時23分/月の出21時34分 月の入10時53分