七十二候は 「蟋蟀在戸」に。ついでにもう秋土用だし!深まる秋の一日は、外出せずに家のこと。で、先日のきのこのその後など。/旧暦9/2・辛巳

七十二候は「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)の時期です。(10月18日~22日)

まずは、この暦に、江戸時代の豆知識が隠れていたりするって話から。

今は、「蟋蟀」=「きりぎりす」と読みますが…。

・江戸時代の暦「貞享暦」では、「蟋蟀」=こおろぎ
・明治時代に作られた「略本暦」では、「蟋蟀」=きりぎりす

なんだそう。

まあ、どちらにしても、いままで草むらで鳴いていた虫が、在戸=民家の戸口のあたりにやってきて鳴く頃と暦は言っております。
それって、草むらは寒いから?

で、どうせ鳴くなら、私は、こおろぎのほうが風情があっていいなぁと思うんですが、(私には、きりぎりすの鳴き声ってジージジジみたいにしか聴こえない。)
時代によって、解釈がこう変わったのはなんなんだろう?

ともかく、七十二候もすっかり秋を強調。
暦を見れば、さらに昨日は秋土用入りだったし…。
なるほど、リアルは、秋どころか、冷たい雨続きで寒い、冬のような日々のはずです。

こんな日は、外出控えて、例のきのこのその後などを。

そうそう、こんな日々は、家に籠って家でしかできないことをする。

で、きのこです。

やまちゃだけ

数日前に、安かった勢いで大量購入、記念撮影をして➾保存食つくりのはずが、記念撮影で終わってしまった。
もちろん、きのこが新鮮なうちに手は打ってあります。

◎まずは、きのこの水煮

これは超簡単なので、もしも、大量にきのこを入手してしまったなら、包みをあけるやいなや(記念撮影してもいいけど😊)、すぐに取り掛かることを推奨。

まずは、食べやすい大きさに切って沸騰したお湯で煮て…。

きのこ水煮

っていうか、もうこれだけで、しかも、ささっと2~3分でオッケー。

昨年は、きっちり煮沸消毒した瓶に詰めましたが、あっという間に消費してしまうので、ホーロー容器に。

茸の水煮

湯を切って(ゆで汁にはきのこの出汁がでてるんで、味噌汁に入れます)⇒容器にいれて、塩をふり、軽く混ぜて保存。

味噌汁、パスタの具、オムライスの具などで、あっという間になくなります。

◎にんにくと多めのオイルで炒め煮も。

どこかで見て、ああ、簡単だぁ!と記憶していた保存法。

にんにくも含め粗みじん切りにして、オリーブオイルをどばっと入れて炒める…というより煮る。

きのこオイル煮

今年は、こっちを煮沸消毒した瓶に詰める。

オイル煮

うーむ。けっこうな量だったんですが、炒めたら少なくなった。オイルがすくなかったかな?
ちょうどいいかなと思った、チップトリーのジャムの瓶が大きすぎ。

こっちもあっという間に消費しそう。

…っていうか、あれから6日ほどたって、もう完食してしまってました。
うーん、この記事書いてたら、きのこのパスタとかオムレツとか…頭の中でくり広がってたんですが、もうないかぁ。

これから買ってこようかなぁ…きのこ。
ああ、やっぱ外出するんだ😊。

◆今日は、2017年10月21日/旧暦9月2日/長月辛巳/月齢1.3日
◆日の出5時52分 日の入16時58分/月の出6時53分 月の入18時06分