千束稲荷の地口行灯2011 その2

先日からまとめ始めております、地口行灯の続きです。
今日も、長沢利明先生の『江戸東京歳時記をあるく』 の第17回「千束稲荷の地口行灯」を強力な参考書に、今日こそさくさくと進めてみたい…ものですが…はてさて。

その1はこちらをごらんください。

31.「くい手ぬぐいのほうかむり」→元ねた不明です。

くい手ぬぐいのほうかむり

32.「このかぼちゃきいろだのう」→あおんあぼきゃべいろしゃのう 
ええっ?参考書にはこうあるのですが、元ねたの意味もかなり不明。

このかぼちゃは黄色じゃのう

33.「これはにっけい」→これは失敬

これはにっけい

34.「ずんずん茶釜へ毛がはえた」→文福茶釜に毛が生えた

ずんずん茶釜へ毛が生えた

35.「しなのこんこん」→元ねた不明

しなのこんこん

36.「関取千両のこり」→関取千両幟

せきとり千両のこり

37.「そまのごうち」→曽我の夜討ち

そまのごうち

38.「角力の岩くい」→周防の岩国

角力の岩くい

39.「角力取にてしらふじゃへんだ」→相撲取にて白藤源太

角力

40.「西瓜らしいと思うたが」→好いたらしいと思うたが

西瓜らしいと思うたが

41.「しおがからいに手をなめて」→元ねた不明

塩が辛いに手をなめて

42.「将棋ひとりはままならぬ」→障子一重がままならぬ

将棋ひとりはままならぬ

43.「将棋はしないと」→元ねた不明

将棋はしない

44.「庄屋が鐘を打つときは」→初夜の鐘を撞く時は

庄屋が鐘をうつときは

45.「沢庵はおこうこう」→元ねた不明

澤庵はおこうこう

46.「大そうちょうちんせいだす」→太閤朝鮮征伐

たいそう提燈せいだす

47.「鯛のかんむり」→元ねた不明

たいの冠

48.「狸へかえす観音経」→魂返す反魂香

狸へかえす観音経

49.「玉子の舞」→玉藻の前

玉子の舞

50.「月夜に花をぬき」→月夜に釜をぬき

月夜に花をぬき

51.絵馬をまじまじ神の外→不明

絵馬をまじまじ神の外

52.「秒聞かんぶん」→ちんぷんかんぷん

秒聞かんぶん

53.「船頭玉やさわぐがおすき」→天王様は囃すがお好き

先頭たまやさわぐがお好き

54.「鯛はいいものつかいもの」→旅は憂いもの辛いもの

鯛はいいものつかいもの

55.「玉をみやがれ」→ざまあみやがれ

たまを見やがれ

56.「天道様はからすがおすき」→天王様は囃すがお好き

天道様はからすがお好き

57.「大黒はあったかい」→内国博覧会

大黒はあったかい

58.「ついたて十文字」→朔日十五日

ついたて十文字

59.「虎ないて酒のましょ」→捕まえて酒呑ましょ

虎ないて酒のましょ

60.「道具屋お月様みてほめる」→十五夜お月様見て跳ねる

道具やお月様みてほめる

61.「夏茄子かんじょう」→益々繁盛

夏茄子かんじょう

62.「菜をまくさんだんだばあさんだ」→なうまくさんまんだばさらだ

菜をまくさんだんだばさんだ

63.「はだしで本郷へゆくわいな」→私ゃ本郷へゆくわいな

はだしで本郷へゆくわいな

64.「ぶつぼうざる」→不明

ぶつぼうさる

65.「はだかの弁けい」→安宅の弁慶

はだかの弁慶

66.「ひょうたんばっかりいわっしゃる」→冗談ばかり言わっしゃる

ひょうたんばっかりいわっしゃる

67.「ひょうたんからごまがでる」→瓢箪から駒が出る

ひょうたんからごま

68.「玉われてさくむりなうめ」→囲われて咲く室の梅

玉われてさくうりな

69.「とんび一羽でおめでとう」→今日(きょうび)はおめでとう

とんび一羽でおめでとう

70.「茄子びもつらきおきごたつ」→待つ身に辛き置炬燵

なすびもつらき置炬燵

ということで、その3はまた後日!ふーっ…。

★関連記事
吉原神社の地口行灯2011
千束稲荷の地口行灯2011 その1